【シチュCD】花の嫁入り ―櫻酒奇譚 妖樹録―/桜川春仁

「これが、この地の秘密……一年中、ずっと満開に花を付ける――時不知(ときしらず)の桜」

美しい妖樹の結界に踏み込んだアナタと、無知で無邪気な桜の精との異類婚姻譚。


発売日:2022年3月25日(金)
価格:2,420円(税込)
発売元:iris quartz(株式会社ノワ)
品番:IQCD-2024
JAN:4539690034706
シナリオ:雨宮だりあ
イラストレーター:真嶋しま

【出演】
桜川春仁

【tracklist】
01.時不知の桜
02.混じり合う蜜
03.夜明けの一本道
04.昏い雨、君と一つに
05.約束の口づけ
06.アカシアと春の夜
※18歳以上推奨作品 全編ダミーヘッドマイク収録

【あらすじ】
「――やっぱり迷子になっちゃったね。もし君が帰れていたら…樹の上から眺めるのは、友達が生きる街になったのに」

引っ越し先の新しい街で、緑地を散策していたアナタ。
いつしか周りは鬱蒼とした森になり、「結界の守り人」と名乗る御子、桜樹と出会う。
案内された先には、一年中、満開に咲き誇る時不知の桜。
アナタは桜樹に振舞われるまま、桜の妖気でできた酒を口にする。
甘く蕩ける酒と、季節外れの花吹雪。
桜樹の無邪気さも愛らしく、迫られるまま受け入れてしまう。

桜樹が、人間を養分にして生きる桜の精とは知らずに。

【キャラクター】
◆桜樹(おうじゅ) CV:桜川春仁
千年以上、結界の内側で咲き誇っている桜の樹。
桜の精として人間を象られた桜樹は、桜の養分にするため、人間を誘い込んでいた。
桜の樹上から街を眺めることはできるが、社会性は皆無。精神年齢は幼く、非常に未熟で偏執的。自分の行いを悪いと思っていない。
暦=自分の樹齢には異常に細かく、ないがしろにできない。
孤独の余り、それくらいしか確証できるものがない。忘れることを怖がっているのだが、明確に自覚はしていない。
時に無垢、時に妖艶な表情を見せ、桜の精気を込めた酒で旅人を結界に誘う。
販売価格 2,420円(税220円)
型番 IQCD-2024

カテゴリーから探す

グループから探す

コンテンツ

営業カレンダー

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
2022年6月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30